効率的に仕事をするためには、時間帯にあった作業内容をスケジューリングすること

タスク管理が仕事の効率化を加速させる

タスク管理で仕事の効率をあげよう

仕事を効率化する上で有効的なのは、自分が取り掛かる仕事の全体像を俯瞰することです。
全体像を見てからでないと、必要な作業内容も把握できませんよね。自分だけの仕事を見るのではなく、会社、チーム、といった全体像の中で、自分がやるべき仕事はどんなことなのかを考えるクセをつけることが大切です。
そうすることで、その仕事の重要性を意識することができますし、作業の優先順位もつけやすくなります。

それから、仕事を効率化する上で気をつけたいのは、全てに完璧を求めない、ということです。ひとつの事に100パーセントを求めすぎると分からない事があったり、何かにつまずいたりした時にそこで作業が止まってしまいます。
作業が止まってしまいそうな時には一旦そこから離れて次のことに手を付け、全体を仕上げてから再度見直すと、また違った観点から物事をみることができます。

作業効率を上げるためのコツ

仕事の効率を高めるためには、ただ仕事を早く終わらせればいいというわけではありませんよね。いくら早く終わったからといって、精度が落ちてしまっては意味がありません。
いかにして質を落とさずに仕事を終えることができるか、ここを考えることが大切です。
仕事を効率化し、サクサク仕事が捗るような仕組みを自分なりに作ってみましょう。

【効率化のためのポイント】
●出社後すぐにやることリストを作る(その仕事の全体像の把握)
●早く終わらせられるものから手を付ける(達成感を得られるので、次への意欲が湧きやすい)
●大きな仕事、時間がかかる仕事は細分化する(細かく分けて、優先順位をつけて取り組む)
●タスクが終わるごとに小休憩(次の仕事に取り組むための切り替え)
●面倒くさいことへの対策を考える(どうすれば効率的になるかを考える)


TOP