仕事をするなら午前と午後のどちらが効率的なの?

効率的に仕事をするためには、時間帯にあった作業内容をスケジューリングすること

朝はポジティブなアイデアが浮かぶ

午前か午後か、どちらからに偏らせて仕事をするよりも、午前向きの仕事と午後向きの仕事を分けて一日のワークフローを作ることが大事です。

どんな優秀な人でも、一日のパフォーマンスが一日中続くわけではありません。そして、日によって作業効率が高いこともあれば、集中力が続かず効率が下がってしまうこともあるでしょう。それは現実を生きている以上仕方がないことです。
脳科学的にも「起床後3〜4時間がもっとも脳が活発に活動する」と云われています。ですから、頭の冴えている午前中にはアイデアを出したり、企画書を作るなどの集中力を必要とする仕事を組み込み、昼食で集中力が低下する午後には、打合せや会議など、グループでの仕事。といったように午前と午後の仕事内容や役割を決めて予定を組むことで、より生産性を高めることができます。

人それぞれで変わる部分や職種の違いによっても左右されることではありますが、日中仕事をする方であれば、誰しも一日の中で朝から夜に向かって作業効率は低下していくものです。一日を全部頑張ろうとするのではなく、効率は下がるものと割り切って一日の仕事内容を組んだほうが生産的といえます。

また、一日を全部頑張ろうとするのではなく、適度に休憩や一息つくタイミングを意識的に取ることができれば、よりスムースに仕事を進められるでしょう。まずは、自分がどんな仕事が得意で、どんな仕事が苦手なのかを把握し、一日の仕事内容をどのように組み立てていくかをイメージしてみると良いかもしれなせんね。

仕事の効率は朝から夕方にかけて下がるもの、と割り切ろう!

人間の脳はどの時間帯に一番活発になり、集中力が高まるかを知っていますか?一日の中で最も作業効率が高まる時間帯に、適した仕事をすることで、あなたの仕事効率は劇的に高まります。午前と午後、どんな仕事を割り当てるのがベストなのかを知っておくことが大切です。

タスク管理が仕事の効率化を加速させる

仕事の全体像を把握して動けるかどうかが、自分の仕事の効率化に繋がります。「木を見て森を見ず」にならないよう、自分はこの会社の、この仕事のどの部分を担っているのかを把握することが大切です。上司のような目線を常に持っておくと今後の仕事が楽になるかもしれません。

マルチタスクが作業効率を下げる

仕事中にスマホのチェックを頻繁にしたり、別な作業を間にいれたりしていませんか?目の前の事が終わっていないうちに別なことに取り掛かるのは自分が思う以上に脳に負荷がかかっています。まずは、目の前の「今」に集中し、完了させて達成感を味わうようにしましょう。

おすすめリンク

激安のチラシ印刷業者一覧

激安でも満足度の高いチラシ印刷業者を一覧で公開します。経費を抑えたい経営者の方はぜひご一読を。

TOP